【白髪染めでアレルギー】頭にかぶれや痒みが出たら早めに読むサイト

病院

ある日突然アレルギーに!ヘアカラーでアレルギーになる理由

ヘアカラーでアレルギーになる理由

白髪染めでアレルギーになることがあります。

白髪染めのアレルギー症状には、かぶれが頭や髪の生え際にできたり、顔や首筋などにかゆみやはれ、赤みなどが出たりします。

かぶれの症状が軽いからと言って白髪染めの使用を繰り返していると、次第に症状が重くなってきます。

場合によってはアナフィラキシーという重篤なアレルギー反応に至り、呼吸困難などが突然起こることもあります。

ヘアカラーでアレルギーになるのは、酸化染毛剤と呼ばれる染料が含まれているからで、この中のパラフェニレンジアミンという物質がアレルギーを起こす原因になります。

アレルギーの原因になる物質が皮膚の乾燥や傷などから体内へ侵入すると、体内の免疫細胞はそれを異物と判断します。

影響を受けないようになんとかガードしようとするのですが、ヘアカラーを何度も繰り返していると免疫細胞が過剰に反応してしまい、結果的に強いアレルギーの症状がでてしまいます。

ヘアカラーを使用する時は、必ずパッチテストは欠かさずにする必要があります。

また、皮膚のコンディションが良い時は化学物質が皮膚へ入りにくいので、健康状態が悪い時は白髪染めの使用は避けるべきです。

少しでもかゆみを感じたらヘアカラーを使うのはすぐに止めよう

ヘアカラーを使用して、かゆみを感じたことがある人は注意が必要です。

アレルギー反応というのは、ある日突然発症することがあるので油断大敵です。

そして一度でもアレルギー反応が出てしまうと、それ以降もアレルギーは続くことになります。

そのため、少しでもかゆみを感じたらヘアカラーを使うのはすぐに止めるべきです。

ヘアカラーを使うたびに症状がひどくなることもあるので、アレルギー反応が出た場合、すぐにヘアカラーの使用は中止しましょう。

ヘアカラーを使用して少しかゆみを感じたくらいなら、ちょっとかゆいだけなので使い続ける人がよくいます。

しかし軽いかゆみのみの症状でも頻繁に起きている場合、アレルギー反応の可能性があります。

かゆいだけくらいならと使い続けていると、ひどいアレルギー症状が現れることもあるので、重篤な症状に発展する前に使用を控えることです。

ヘアカラーが危険なのは、アレルギーの原因となる物質が含まれているからです。

市販のヘアカラーには、パラフェニレンジアミンなどのジアミン系の薬剤が含まれていて、この物質がかぶれなどの皮膚疾患の原因になります。

白髪染めでアレルギー メニュー