【白髪染めでアレルギー】頭にかぶれや痒みが出たら早めに読むサイト

ヘアカラー

ジアミン系薬剤がアレルギーを引き起こす

ジアミン系薬剤がアレルギーの要因に

ジアミン系薬剤がアレルギーを引き起こすので、十分に注意しないといけません。

市販の白髪染めには、大抵ジアミンが含まれています。

白髪染めには髪に良い成分が含まれているのですが、アレルギー症状を起こす成分が含まれていることを知らなければなりません。

それこそがパラフェニレンジアミンという物質であり、これでアレルギーを起こすことがあります。

ジアミン系薬剤でアレルギーが引き起こされると、ヒリヒリしたり、炎症を起こしたようなかゆみや腫れの症状が出てきます。

こうした症状が出た時は、アレルギーを起こしている可能性が強いので、使用を控える必要があります。

ジアミン系薬剤で染めるのを何度も繰り返していると、アナフィラキシーショックの症状を起こすこともあるので注意が必要です。

アナフィラキシーショックとは、アレルギーの過剰反応によるもので、重症になると意識障害や呼吸困難などの重篤な症状を起こすこともあるので軽視できません。

市販の白髪染めの多くはジアミン系薬剤を含んでいます。

白髪染めでかゆみなどの症状がすぐに出る人は、ジアミン系薬剤入りの白髪染めは使用しないようにしましょう。

市販の白髪染めだけじゃない、美容院でもアレルギーに

市販の白髪染めを使用するとアレルギーの症状が出ることがよくあります。

ヘアカラーを使用してアレルギー症状が出た女性は少なくないでしょう。

髪を染める場合、美容院で染めてもらう人もいますが、その場合でもアレルギーになることはあるので、パッチテストは必ず必要です。

以前テストしたときに問題がなかったからという理由で、パッチテストをしないで染めてはいけません。

ヘアカラーによるアレルギー反応は突然現れることがあるので、パッチテストは毎回する必要があります。

美容院に行っても白髪染めを使用する場合、ジアミン系の物を使用することが多いので、アレルギーになることがあります。

白髪染めのアレルギーの症状としは、かゆみ、赤い腫れ、湿疹、水ぶくれなどがあります。

美容院で使用するヘアカラー剤にも、アレルギーを起こしやすいジアミンが含まれているので、アレルギーの起こる可能性が高い人は、非ジアミン系の物で対処してもらう必要があります。

また、皮膚のバリア機能が弱っていて、アレルゲンが体の内部に侵入しやすい状態になっている場合、アレルギーを起こしにくいヘアマニキュアなどでもアレルギー症状が出ることがあるので、体調が良くない日は美容院には行かないことです。

白髪染めでアレルギー メニュー