【白髪染めでアレルギー】頭にかぶれや痒みが出たら早めに読むサイト

アナフィラキシーショック

無理して使い続けているとアナフィラキシーショックを起こすことも

最近よく聞くアナフィラキシーショックとは

最近よく聞くのがアナフィラキシーショックですが、これは一種のアレルギー反応になります。

I型アレルギー反応によって引き起こされるもので、かなり激烈なものです。

これはアレルギーの過剰反応によって起きるのですが、アナフィラキシーショックが起こると、気管支喘息、アレルギー性鼻炎などの症状が短時間で起こります。

白髪染めでもアナフィラキシーショックが起こることがあるので、十分に注意しないといけません。

ジアミンの入っているヘアカラー剤に起きやすいので、そうした白髪染めは使わないようにしましょう。

白髪染めに含まれるジアミンに体が反応すると、アナフィラキシーショックが発症する恐れがあります。

症状は人によって違いますが、かゆみが出たり、皮膚がかぶれたなどの症状がよく出ます。

アレルギー反応が強いと呼吸困難が起こったりするので、市販の白髪染めを使う場合、必ずパッチテストを行ってから使用する必要があります。

ジアミンはアレルギー物質なので、アレルギーを持っていない人でも注意が必要です。

白髪染めでアナフィラキシーショックを避けるには、ジアミンが入っている市販の白髪染めは使わないようにすることです。

症状が出たらすぐに医療機関を受診しよう

白髪染めで炎症や痒みが出てしまった場合、できるだけ早く医療機関を受診することです。

白髪染めは刺激の強い薬剤でできているので注意が必要です。

もちろん人間に害のないようにできているのですが、相性が悪いと炎症や痒みなどの症状が出ることがあります。

そのため、決して油断してはいけません。

白髪染めを使用する時は、成分に気を配り、相性の良い物を選ばないといけません。

白髪染めの成分をしっかり確認し、できるだけ植物由来のものを使用し、安全性の高い商品を選ぶことです。

まずはパッチテストを行って、頭皮の炎症や痒みがないかチェックしましょう。

もし白髪染めで炎症や痒みなどの症状が出てしまった場合は、すぐに使用を中止して皮膚科を受診することです。

症状が単なる痒み程度だからといってそのまま放置してはいけません。

無視して使い続けると毛穴にまでダメージを与えることになり、脱毛を招きかねません。

白髪染めによる炎症や痒みは、大事に至ることがあるので油断してはいけません。

白髪染めで肌のトラブルが出た時は、どんなに些細な症状であってもすぐに使用を中止して、医療機関で診察を受けましょう。

白髪染めでアレルギー メニュー