【白髪染めでアレルギー】頭にかぶれや痒みが出たら早めに読むサイト

ヘアマニキュア

アレルギーが出てしまったらもう二度と白髪染めは使えないの?

アレルギーが出てしまったら白髪染めは使えない?

アレルギーが出てしまったら白髪染めは使えないのかというと、そんなことはありません。

白髪染めで起きるアレルギー反応は、使用されている酸化染毛剤によるものが原因で、ジアミン系の化学物質に反応することで起きます。

症状として、頭皮に赤みや湿疹、かぶれ、フケ、抜け毛などの症状が出てきます。

こうした症状はアレルギー反応なので、使用を中止しないといけません。

アレルギー反応が出るとジアミン系の成分を含む白髪染めは使用できませんが、この成分を使っていないものを選べば白髪染めを使用することができます。

白髪染めでアレルギー反応を起こしてしまった場合は、ノンジアミンの白髪染めを使えば良いのです。

ノンジアミン系の白髪染めでおすすめなのは、カラートリートメントタイプのもので、髪や地肌にやさしくなっています。

カラートリートメントは、髪や地肌に優しい成分を使っているので、アレルギーが出てしまった人でも安心して使用できます。

また、トリートメント効果により、髪のツヤが出て、染めあがり効果も高いです。

おすすめの商品は、ルプルプ、利尻へアカラートリートメント、くろめヘアカラートリートメントなどです。

アレルギーがあっても使える白髪染め

アレルギーがあっても使える白髪染めがあります。

白髪染めでアレルギー反応が出てしまうのは、ジアミンという化学物質が含まれているからです。

ジアミン系化合物はほとんどの白髪染めに含まれていて、この物質に対してアレルギー反応が出る人がいます。

白髪染めアレルギーの人は、頭皮のかゆみ、ぴりぴり感、湿疹、顔や喉の痛みなど、様々な症状が出てきます。

そんな人におすすめなのが、無添加で低刺激の白髪染めなのです。

アレルギーがあっても使える白髪染めというのは、簡単に言うと、ジアミンを含まない白髪染めになります。

具体的にどのようなものがあるかというと、利尻ヘアカラートリートメント、ルプルプ、くろめヘアカラートリートメント、レフィーネなどです。

これらの商品なら、アレルギーがあっても使用することができ、髪に優しく、簡単に毛染めが可能です。

中でもイチオシなのが利尻ヘアカラートリートメントです。

無添加で天然成分でできているので、アレルギーがある人でも安心です。

天然保湿成分によるトリートメント効果により、美しい仕上がりが実現します。

白髪染めでアレルギー メニュー