【白髪染めでアレルギー】頭にかぶれや痒みが出たら早めに読むサイト

ヘアマニキュア

アレルギーがあっても使える無添加のヘアカラートリートメントとはどんなもの?

アレルギーがあっても使える無添加のヘアカラートリートメントのメリット

アレルギーがあっても使える無添加のヘアカラートリートメントのメリットは、何と言っても体に優しいところです。

無添加なので安心して使用することができます。

そして頭皮や髪を傷めずに健康的な髪にしてくれ、しかも白髪をしっかり染めてくれます。

また、ダメージ修復力にも優れていてトリートメント効果も高く、艶やかでサラサラの髪にしてくれる効果もあります。

無添加のヘアカラートリートメントには、一般的な白髪染めやヘアカラーに使われているジアミン系染料が使われていないので、アレルギーの心配がないというメリットもあります。

植物からとった天然の染料を使っているので、皮膚が弱い人でも安心して白髪染めを使うことができます。

市販の白髪染めは髪の色を綺麗に見せるため、髪の色を薬品で脱色して染料を染み込ませるという方法をとっています。

そうすると枝毛や切れ毛の原因になり、髪には決してよくありません。

その点、無添加のヘアカラートリートメントなら、髪の色を脱色しないので、アレルギー症状をおこすことなく、肌の弱い人でも安心して使うことができます。

アレルギーがあっても使える無添加のヘアカラートリートメントのデメリット

無添加のヘアカラートリートメントは、アレルギーがあっても使えるので良いのですが、デメリットもあります。

無添加のヘアカラートリートメントは、体に優しいので頭皮や髪質にも刺激が少なく、安心して使えます。

無添加で天然成分由来成分配合ということもあり、頭皮や髪にダメージを与えることがありません。

しかし一方で白髪染めする場合、ヘアカラーに比べると、変化の速度はゆっくりになります。

無添加のヘアカラートリートメントタイプの白髪染めは、頭皮や髪にダメージを与えるような化学成分は入っていないので良いのですが、色持ちが悪いというデメリットがあります。

通常の市販のヘアカラーの白髪染めの場合、髪を脱色した後に色を染み込ませる方法をとっているので、数ヶ月間は綺麗な染め上がりの状態をキープすることができます。

しかし無添加のヘアカラートリートメントの場合、髪を脱色して染料を髪に染込ませる仕組みにはなっていないので、色持ちがよくありません。

頭皮や髪に優しい反面、シャンプーをしていると1週間くらいで色落ちしてしまうこともあります。

白髪染めでアレルギー メニュー