【白髪染めでアレルギー】頭にかぶれや痒みが出たら早めに読むサイト

スライドショー

アレルギーがあっても使えるヘナとはどんなもの?

アレルギーがあっても使えるヘナのメリット

アレルギーがあっても使えるヘナのメリットは、有害性がないところです。

ヘナは天然の素材なので体に優しく、通常の白髪染めのように毛を脱色する成分が入っていません。

そのため、髪にダメージを与える心配がないのです。

地肌がかぶれたりするトラブルを避けることができます。

髪や地肌へのダメージを極力抑えることができます。

またタンパク質を補修してツヤのある美しい髪質にしてくれるメリットもあり、使えば使うほど髪や頭皮に良い影響を与えてくれます。

使い続けると傷んだ髪が潤いのある髪になるので、まとまりやすくなります。

ヘナは低刺激で、使用すると髪につやが出てきてコシも出てきて丈夫になります。

また、トリートメント効果が高く、頭皮環境を整えてくれます。

ヘナなら素手で塗布することができ、子供が使っても大丈夫です。

ムラなく白髪染めできるのもヘナのメリットで、普通の白髪染めのような白髪の染まり方にムラがありません。

ヘナを使えばムラなく白髪染めができるのです。

ヘナを使うと、全体的にまとまりのある自然な白髪染めができるので、自然な茶色に染めたい人にオススメできます。

ヘナにデメリットはあるの?

アレルギーがあっても使える白髪染めとして人気があるのがヘナです。

ヘナは髪に優しいのでおすすめできます。

ヘナには有害性がないので、頭皮から浸透して肝臓が悪くなるようなことはありません。

ヘナが白髪染めとして評価されているのは、エジプト時代から使われてきた植物で安全性が高いからです。

古代から髪やまゆ毛爪などの染色に使われていた経緯があるので信頼性は抜群のものがあります。

ヘナには殺菌や脱臭作用もあるので、水虫の常備薬、脇の臭い消し、切り傷や炎症などにも使われてきた歴史があります。

染色だけでなく幅広く使われていたものなので、ヘナが体に害がないことを証明しています。

ただ、アレルギーがあっても使えるヘナにもデメリットがあります。

それは短時間では染まらないところで塗布後の放置時間が長くかかるところです。

とにかく染まるまでに時間がかかります。

また、黒髪は染まりません。

そして白髪は染まるのですが赤オレンジ色にしか染まらないデメリットもあります。

塗布後の体温を下げるデメリットもあり、植物アレルギーがある人はヘナを使用することはできません。

白髪染めでアレルギー メニュー