【白髪染めでアレルギー】頭にかぶれや痒みが出たら早めに読むサイト

安心

長く使い続ける白髪染めは安全性を第一に考えて選ぼう

長く使い続ける白髪染めは安全性を第一に考えて選ぼう

白髪染めというのは色々な種類があるので、慎重に選ばないといけません。

特に長く使い続ける場合、安全性に配慮して選ぶ必要があります。

その理由は、多くの市販の白髪染めには、重症化するジアミンが含まれているからです。

事実、ヘアカラーをすることで頭皮がかぶれたり炎症を起こすなどのトラブルが多発しています。

これはアレルギー反応なのですが、ヘアカラーに使われているジアミン系の酸化染毛剤が原因になります。

ジアミン系酸化染料はアレルギーを引き起こし、頭皮がかゆくなったり、腫れたり、赤くなったりします。

こういった症状はすぐに治ることもありますが、白髪染めでかゆみや発疹などが起こるのは、アレルギー反応を起こしている証拠です。

そのまま使い続けてしまうと重症化する恐れもあり、突然全身に蕁麻疹が出たり、顔が腫れたりすることがあります。

こうした症状に関してはアレルギー体質でなくても発生する可能性があるので、ジアミン系の白髪染めは避けたいところです。

長く使い続ける白髪染めについては、非ジアミン系の物がおすすめです。

くれぐれも安全性を第一に考えて選びましょう。

パッチテストは面倒でも必ず行おう

白髪染めをする前に大事なことは、必ずパッチテストを行うことです。

白髪染めには、アレルギー症状を引き起こす物質が含まれている物が多いので、使用の前には必ずパッチテストを行うようにしないといけません。

パッチテストは、アレルギー反応を起こすことがないかどうかを調べるためには欠かせないものなのです。

白髪染めにはあらゆる物質や成分が配合されていることから、敏感肌やアトピー肌でなくてもアレルギー症状が出ることがありまます。

白髪染めによってアレルギー反応が出ると、頭皮にかぶれやかゆみなどの症状が出現します。

アレルギー症状が出て、かぶれたり炎症が起きると大変なことになるので、今までアレルギーが起こったことがない人でもパッチテストは必ずしないといけません。

白髪染めには刺激が強い成分が配合されているので、髪や頭皮が健康であっても染める前には、必ずパッチテストで安全性を確認する必要があるのです。

パッチテストのやり方は簡単で、二の腕の裏や肘の内側などの皮膚が柔らかい部分に、綿棒などを使って白髪染めを塗るだけです。

その状態で48時間を過ぎてもトラブルがなければ、白髪染めを使っても大丈夫です。

白髪染めでアレルギー メニュー