【白髪染めでアレルギー】頭にかぶれや痒みが出たら早めに読むサイト

女性の髪

白髪染めの色もちを少しでも長くする方法は?

白髪染めの色もちを長くする方法

白髪染めの色もちを長くするには、髪をなるべく傷ませないようにダメージを与えないことが大事です。

具体的には、濡れている間に髪は傷んでくるので、風呂から出たら時間を置かずにすぐに完全に乾かすことです。

洗い流さないトリートメントを使うとよく、オイル系ならしっかりコーティングしてくれます。

紫外線もダメージにつながり色のもちを悪くすることになるので、UVスプレーなどもおすすめです。

熱から髪を守ってくれる効果があります。

カラーリング用のシャンプーやトリートメントを使用することも白髪染めの色もちを長くする方法につながります。

また、カラーリングは毎回全頭にはしないことです。

強い薬剤を何度ものせるとダメージヘアになるからです。

白髪染めで染めた後は、染毛力ではなくケアのやり方で色もちが変わってくるので、色もちを長くするにはシャンプーを工夫することです。

市販のシャンプーは高級アルカリ性シャンプーで洗浄力が強いのでおすすめできません。

毎日シャンプーすると染料が流れ出てしまうので、白髪染めの色もちを長くしたいなら、キューティクルにダメージを与えないアミノ酸系シャンプーを使用すると良いです。

シャンプーを変えるだけでも色もちはかなり良くなります。

白髪をキレイに染めるコツについて

白髪をキレイに染めるコツは、しっかりと時間をかけて染めることです。

そうしないとムラになってしまったりして綺麗に染まりません。

白髪をキレイに染めたいなら、白髪染めのクオリティーを気にするより、染め方のテクニックを習得するのが先決です。

キレイに染めるには、放置時間をしっかりかけて髪質にあわせて調整することです。

髪質が硬くて太い人は染まりにくいので、放置時間は髪質によって変えるべきです。

硬くて太い髪質の人が染める場合、15分ぐらいは放置するべきで、長めに置いておくことで色が入りやすくなります。

白髪染めを付ける時は白髪が目立つ部分からカラー剤をつけるようにし、毛先などの髪は染まりやすいので最後につけるようにします。

その際、量をケチらないことも大事です。

キレイに染めたいなら、できるだけ量はたっぷりつけるようにしましょう。

特に染まりにくい部分には量を多めにつけるよう心がけることです。

最近の白髪染めは塗るだけでも色は入りやすくなっていますが、よりキレイに染めたいなら、髪を温めることです。

均等に塗った後、サランラップや蒸しタオルを頭に巻いて温めるとよく、キレイに染めることができます。

白髪染めでアレルギー メニュー